top of page

信頼と豊かで、穏やかな交流支援

DSC_0002_edited.jpg

                      《2月 如月 野生の勘を大切に…》

​   毎朝6時頃目が覚める。まだ暗いが空気感が何となく深夜の暗さと異なり、遠くでモノを動かす音がしずかに聞こえる。灯りを点ければ間違いなく6時過ぎ、この時期、日の出にはまだ40分近くもある。論拠も無く朝を感じるのは「野生の勘」とか。戦国武将は床(ゆか)を枕に五感で空気を感じるよう寝ていたという。生きるための授かりもの。この正月、能登半島を大地震、津波、大火災そして大寒波、大雪が次々と襲った。みんなが和む元旦に、残虐な仕打ちがこれでもかと続いたのだ。思えばウクライナしかり、パレスチナしかり平和な生活が一瞬にして修羅場と化し、市民は生死の境をさ迷う。生き延びた方々の話は、いずれも「勘」の働きと運である。天災も人災も今、周りで起きている現実です。私共の、穏やかな今の暮らしはひと時の奇跡の時間かも。この幸運に感謝し大切に愛(いつく)しんでいくしかありません。(R6.2)

松風 の”山吹"
民家活用型
民家活用型
P3311275_edited.jpg
アンカー

 私たちは、ひとり一人の高齢者の来し方を尊重し、明るく豊かな通所介護を通して地域の皆様に貢献して参ります。

地域密着型通所介護
 
府中市、国立市、 国分寺市(R2.3)、立川市(R3.3)等指定事業所
DSC_0075.JPG
DSC_0337.JPG

精神医学ソーシャルワーカー(PSW)として精神障害者(認知症含)回復支援、権利擁護に携さわり、地域の社会資源の拡充に参画してきました。

また、医療ソ-シャルワーカー(MSW)として治療後の療養相談、重度感染症の支援、緩和ケア、在宅看取り事業の地域連携の実践を進めてきました。

第一戦を退いた後、これまで経験を介護保険法のもとで、お返しできればと考え取り組んでいます。

【会社代表】
新保次郎
介護支援専門員
精神保健福祉士
PSW/MSW
デイサービスとお泊り
 
 
お泊り設備
 
 

在宅支援にはヘルパーの活用、デイサービスの日中通所、そしてショートスティの3サービスを上手く使います。しかし最後のショートスティは日常から離れ、しかもご本人の意図とは異なる(家族レスパイト目的)場合も多く、とても混乱されて戻られます。デイのお泊りは、日中と夜間のサービスが連続しており、しかも職員も馴染みがあるだけに有効な支援と言えます。

平成24年から東京都に個室4部屋を申請して運用しています。

​考え方
  
     桜の間        竹の間         松の間         欅の間


 
DSC_0053.JPG
DSC_0145.JPG
DSC_0151.JPG
DSC_0138.JPG
bottom of page